男の指輪はダサいし気持ち悪い?ダサ見えしない3つの付け方

男 指輪 ダサい 気持ち悪い
  • 男が指輪を付けているのがダサい
  • 男が指輪をはめるのは気持ち悪い

などなど、色々な意見がありますよね。

結論から言うと、男が指輪(リング)を付けるのはダサくないし、気持ち悪くもないです。

男 指輪 ダサい 気持ち悪い

男でも指輪をつけてオシャレするのは、当たり前になってきています。

しかし、それでもまだまだダサいという意見はあります。そこで本記事では、ダサ見えしない付け方などを紹介していきます。

目次(タップして飛ぶ)

一般的に言われる男が付けていてダサいと感じる指輪とは?

ゴールドリングはチャラい、怖いイメージ

ゴールドリングがチャラい、怖いなんてイメージを持たれることもあります。

理由としては、

  • 派手
  • 威圧感を与える
  • 成金感

『ゴールド+男』というのはなかなか難しく、ダサいと感じられる場合があるんですね。

ごつい指輪

これはよく聞きますよね。「ごついのは無理」みたいな。

ごつい指輪は合わせづらく、ダサく見えてしまう可能性があるんですね。やっぱり、ごついのはダサいと言われがちのようですね。

両手にジャラジャラ付ける

片方に4個、もう片方に3個で計7個みたいに、両手にジャラジャラ付けるのも評判が良くないですよね。

多く付けてしまうと「いかつい」と、感じられてしまう可能性があります。オシャレというか邪魔で、いらないでしょ感があるようです。

目次に戻る

一般的に言われるダサい・気持ち悪いという意見は気にしすぎなくていい

男 指輪 ダサい 気持ち悪い

指輪を付けているなんてチャラいと思われる可能性が上がるのは間違いありません。ただ、それを気にしすぎて完全に避けるのは良いことではないと感じています

たしかに、ダサいかどうか気にしてしまうのはめちゃめちゃわかります。

だって手とか指って、よく見られる部位ですもんね。

  • 物を渡す時
  • 食事でお皿を手に取った時

などなど小さいアクセサリーにしては、目につくシーンが多くあります。

ただ、指輪(リング)に興味が少しでもあるのならば、付けたほうが絶対にプラスの経験ができます。

例えば僕の実体験だと、

  • ゴールドリングを初めて付けたけど、高揚感がある
  • ブレスレットと合わせると、また違った雰囲気になって楽しい
  • 付ける指を変えるだけでも、印象が変わって面白い
  • ごつめでもおしゃれだと言われた

このように自分自身が指輪(リング)をつけた時のワクワク感や、褒められた時なんかがありました。お世辞だとしてもうれしいですよね

もちろん反対に、誰かに「だっさ」って思われていることもあります。それでも付けたいと思うなら、周りの目を気にせず付けて楽しむべきです。

目次に戻る

ダサ見えしない!指輪の3つの付け方

気にしすぎは良くないと言っても、

  • あまりおしゃれに付ける自信がない
  • 付けてはいるけど、しっくりこない

なんて感じるときもありますよね。僕もそうでした。というか未だにあるし、初めて指輪を付けて出かけるときなんかは特に気になっちゃうものです。

もっと言うと、これからも感じる瞬間もあるはずなんです。

そんなときに試してほしい、ダサ見えしない付け方を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

付ける個数は1、2個にする

指輪 リング

最大2個までが好ましいです。多く付けるとダサ見えする可能性が上がりますしね。

なので、1つか2つにするのが好ましいです。

シンプルなデザインの指輪(リング)を選ぶ

指輪 リング

とにかくシンプルなものを選んでみるのが、ダサ見えしない1番の方法です。

シンプルな指輪をつけることで、以下のような印象を与えられます。

  • 幅広い服装に似合う
  • さりげなく付けていて飾ってる感がない
  • 大人っぽい(落ち着いている)

あと、単純に合わせやすいんですよね。

なので、シンプルなデザインはダサ見えする可能性がかなり低いと言えます。

統一感を持たしてみる

なんかオシャレに見えないなと感じるときってありますよね。そんなときは、統一感を持たせるだけで一気にダサさが消えることがあります

統一感は出す方法は以下の通り。

  • 同じ色にする、または同系色にする
  • 同じデザインにする

指輪の統一感があるだけでも、きれいな手元に見せることができます。

ダサいと感じたり、なにか違和感を感じるときは、統一感でバチッと決めちゃいましょう。

目次に戻る

シンプルな指輪3選

GARNI(ガルニ) クロッケリーリング S

1997年に設立された20年以上続くジュエリー・アクセサリーブランド。ガルニといったらクロッケリーシリーズが人気。

さまざまな方向に光を反射するこのユニークなカッティングデザイン。

シンプルな服装につければ、程よいアクセントになるし、個性のある服装につければ、自然に馴染むため、こなれ感を出せます。

UNKNOWN.(アンノウン) SIGNET RING

無駄なないアクセサリーを展開する日本のブランドUNKNOWN.(アンノウン)。

そんなブランドのスタンプリング。

存在感はあるものの、無機質な見た目が、こなれた印象になります。

HARIM(ハリム) EDGE RING3

芸能人も付けるほど、人気なアクセサリーブランドHARIM(ハリム)。

そんなハリムのエッジリングARタイプ。シンプルでありつつも、主張しすぎない粗目デザインで遊び心も感じられます。

また、燻し加工によるクールさから、色気のある手元を演出できること間違いなしです。

目次に戻る

指輪がダサいと感じなくなってきたら個性を出す

付けていくうちに必ず、『指輪を付ける』ということに慣れてきます。そしたら徐々に個性を出していくと、よりおしゃれを楽しむことができるのではないのでしょうか。

以下のやり方で個性を出してみてください。

重ね付けなど、個数を増やしてみる

個数も1つ2つと、シンプルな付け方に慣れてきたら、

  • 個数を増やしてみる
  • 同じ指に重ね付してみる

というふうにしていくも、1つの楽しみ方ですよね。

シンプルなデザインの指輪を、同じ指に重ね付してボリューム感を出すだけでも、だいぶ雰囲気が変わってきます

そうした変化を楽しむのも、かなり面白いですよね。

ごつめ(大きめ)のピンキーリングを付けてみる

ピンキーリング(小指に付けるリング)は、女性だけが付けるものだと思っている人が多いのですが、まったくそんなことありません。

男性でももちろん付けてOKです。ごついデザインの指輪を付けるのも、かなり粋でおしゃれな男性を演出してくれます。

もしゴツめが似合わないという人は、シンプルで控えめなピンキーリングから付け始めるというのも良いですよね。

目次に戻る

まとめ

男性が指輪(リング)を付けること自体まったくダサくないし、気持ち悪くもないです

もちろん一般的にダサいと感じる指輪はあります。基本的には気にしなくてOKですが、とは言っても…という気持ちも人間だからありますよね。

なので、ダサ見えしない付け方を試し、慣れてきたら徐々に個性を出すというのがおすすめです。

男の指輪(リング)はたった1つでも、一気に小洒落た雰囲気を出せちゃいます。

もし、周りの目を気にしすぎてしまったとしても、あなたの『指輪へ対する興味』という大切な気持ちだけは、絶対に捨てないでくださいね。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)
閉じる