バングルが似合わない男性は何が原因?どんなバングルを選べばいいのか

バングル 似合わない

おしゃれをしたい時には、バングルはもはや必須アイテム。

なんてことはない。(笑)

 

けれど、

簡単におしゃれしたいと思うならバングルはめちゃめちゃ使えるんです。

バングル 似合わない

しかし、そんな簡単におしゃれできてしまうバングルが、「似合わない」と感じている男性も多い。

 

 

じゃあ似合わない男性は何が原因なのか?そしてどんなバングルを選べばいいのか、見ていきましょう。

目次(タップして飛ぶ)

バングルが似合わない原因

服装がバングルと合っていない

やはりバングルと服装が合っていないと、似合わないと感じますよね。

例えば、短パンに半袖。それにバングル。

バングル 似合わない

人によっては似合うかもしれないが、それはほんの一部。相当おしゃれな人とかですよね。

 

似合わないと感じた時は、まず服装と合っていない可能性が考えられます。

目立つバングルをつけている

目立つバングルをつけている、というのも似合わない原因の1つ。

 

  • ゴツく太め(大きい)
  • いかついデザイン
  • ごちゃごちゃしたデザイン

こんなふうに派手なバングルは、似合わないと感じてしまう可能性が高い

「個性」として捉えるのも全然いいのですが、似合わないと感じてしまうなら、避けたいところ。

 

バングルが似合うようにするには

きれいめな服装にしてみる

バングル 似合う 服

似合わないと感じるのであれば、きれいめな服装とバングルを合わせてみることを僕はおすすめします。

 

暑い季節→シャツ
寒い季節→セーター、コート

みたいに、カジュアルじゃなくて、きれいめな服装がバングルと違和感なくマッチします。

バングル 似合う 服

もちろんカジュアルな格好でも、合わないことはありません

 

似合わないと感じるのであればの話なので、

もし似合わないと感じる時は、きれいめなコーディネートにバングルを合わせてみると、しっくりくるかもしれません。

柄のない超シンプルなバングルを選ぶ

柄のない バングル 似合う

先ほどの、派手なバングルは似合わない可能性が高くなることから、目立ちにくいバングルを選ぶということです。

目立ちにくいバングルとして、柄のない超シンプルなデザインがいい

バングル 似合わない

似合わないという違和感が、柄なしの超シンプルなバングルをつけることで、意外と簡単に似合うようになることがあります

もっと言うと細ければ細いほど目立ちにくいです。

バングル 似合わない

ジャラジャラせず、さりげなくつけられますよね。

 

超シンプルなバングル5選

【DEVAS(ディーバス)】Hammer Finish Bangle

DEVASの槌目バングル。全く同じ形は出来上がらないという、自分だけしか持っていないバングルが付けられる

なぜなら日本の職人が1つ1つ丁寧に、ハンドメイドで作り上げるからです。

 

それでもってシンプル。自分だけのさりげないおしゃれができる、上品なバングルなんていうのはたまらないですよね。

 

【FLUI(フルイ)】リップルバングル

FLUIの不思議な見た目を楽しめるバングル。

「ただのシンプルなシルバーバングル。」と言ったら大間違いです。

見る角度によって、太さが変わるというワクワクさせられる作り。

 

そんな粋なおしゃれを、こんなにもシンプルなバングルで味わえるのは、大人な感じで格好よすぎる…

 

【NORTH WORKS(ノースワークス)】タタキシルバー インディアンジュエリー

NORTH WORKSの叩き槌目デザインバングル。

シンプルで細身。これもハンドメイド。

バングルの両端には矢じりのマークが施されています。

両サイドの端にそのマークあることで、腕を返した時に初めて見える。周りと差をつける、さりげないおしゃれさを演出できますね。

 

そのように「周りと違う」というのを、主張しすぎない小粋な感じが、おしゃれ度をグッと上げる方法の1つ。

 

【UNKNOWN.(アンノウン)SQUARE 2mm BANGLE シルバー

UNKNOWN.の四角線を使用したシルバーバングル。

とにかくシンプル。そもそも『UNKNOWN.』というブランドは、柄やモチーフを施さない、シンプルさを大切にしているジュエリーブランド

 

強度も強く角ばった四角いデザインが、どんな服装にも合わせやすい。

“ザ・シンプル”で、「バングル=似合わない」を払拭してくれる、そんなバングルを手に取ることができるかもしれないですね。

 

【Binich(ビニッチ)】3mm幅プレーンバングル シルバー925 平打ち

Binichのシルバー平打ちバングル。

平打ちで幅が3mm。柄なし。これももちろん超シンプルなバングルです。

もしバングル単体で似合わないと感じるなら、このバングルを加えてみるといいかもしれない。

 

3mm幅という絶妙な存在感。白シャツ、柄シャツなど大人っぽい服装と合わせれば、似合わないなんてことはないはず。

 

まとめ

バングル 似合わない

バングルが似合わないのは、服装、バングル選びが間違っているかもしれません。

色々と試行錯誤してみて、「似合わない」を「似合う」に一緒に変えていきませんか?

 

バングルなら簡単におしゃれできます。似合わないまま放っておくのはもったいないですよね。

なので、これからもバングルをつけて、自分なりにおしゃれしていくことを楽しんでいきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)
閉じる