ズボンのポケットが膨らんでパンパンなのはすごくダサい。解決方法を考えてみる

ズボン ポケットがパンパンに膨らむのはダサい

ズボンのポケットにものを入れすぎてパンパンになっている。それすごくダサいですよ。

ズボンが膨らんでフォルムが変わり、ダサくなってしまいます。確かにポケットにはものを入れたくなるのはわかります。

 

外出するときに持っていくものが多くてポケットに入れる。「便利だし入れよう」って僕もズボンのポケットにものを入れることがありました。

でもよーく見たらめちゃめちゃダサくね?って思ったんです。

 

実際にダサいという意見はたくさんあります。Twitterで検索してみてください。結構でできますよ。

 

ポケットを入れるとダサいというのを写真で比較、そしてその解決方法を考えてみました。

 

目次(タップして飛ぶ)

ポケットがパンパンだとダサいというのを写真で比較して検証

ズボンのポケットに入れるものは、

  • ティッシュ
  • 携帯(iPhone)
  • キーケース
  • 財布(二つ折り)


外出の時に持っていくものを最小限に抑えると、こんくらいだと思います。

厚みはこれくらい。
ポケット パンパン もの

 

この4つを1つのポケットに入れることはまずないので、2つに分けて2つのポケットに入れることとします。
ポケット 膨らむ ポケットに入れるもの

 

また人によってはこの4つにプラスなにかを持っていきますよね。できるだけ最小限に抑えて写真比較していきます。

 

まずはきれいめなパンツ(スラックス)を履いて比較。
ポケットになにも入れていない正面からの写真。ズボン 膨らんでパンパンになっているのはダサい 比較写真

 

そして先ほどのものを入れると、
ポケット 膨らむ パンパン ダサい

 

まだそんなに違わないかな?という感じ。太もも周りも余裕があるズボンだし、あんまり変化はわからない。

 

じゃあ横から見てみるとどうなのか。

なにも入れていない状態。
ズボン(パンツ)ものなにも入れていない状態 横からの写真

 

そしてものを入れた状態。ズボン(パンツ) ものを入れた状態 横からの写真

 

うん、ダサい

 

ポケットがパンパンに膨らんでフォルムがダサすぎますね。膨らむことで、横から見ると体のラインに曲線ができ、目の錯覚からか若干猫背に見えませんか

どちらも背筋を伸ばして写真を撮ったのにこれ。撮ってみた時にびっくりしました。(笑)

 

ポケットがパンパンな時点でダサいのですが、猫背に見えてしまうのもポケットが膨らむとダサい理由の1つだということがわかりました。

 

 

また形が出やすいジーンズ(ジーパン)でも比較してみました。

なにも入れてない状態。
ジーパン ジーンズ ポケット なにも入れていない状態

 

ちなみに細身のジーンズ(ジーパン)です。

そしてものを入れると、
ジーパン ジーンズ ポケットが膨らんでパンパン

 

太もも周りが細身のジーンズなので、このようにポケットがパンパンになっているのがよくわかりますね。めちゃめちゃダサい

 

スラックスと同様に横から見てみましょう。

ジーンズ ジーパン ポケットになにも入れていない状態 横からの写真なにも入れていないとこのようにシルエットに違和感はありません。

 

そしてズボンのポケットがパンパンに膨らむと、
ジーンズ ジーパン ポケットがパンパンに膨らむとダサい 横からの写真

 

案の定ダサいですね。パンツのポケットがパンパンに膨らむとこんなにもシルエットが悪くなってしまうんです。ものを最小限に抑えてもこんなにシルエットが変わってしまいます。

 

この比較でポケットがパンパンに膨らんでいるのがダサいということをわかっていただけたかと思います。

正面、特に横のほうが顕著に変化が見えました。写真で比較してみるとこんなにダサいのかと痛感しました。

 

 

スーツだったらもっとダサく見える

スラックスでダサく見えてしまうということは、スーツのパンツでも同じようにダサくなるのは間違いないです。

きれいめなパンツはシルエットが大事なのでポケットがパンパンになると、形が崩れてしまいます。

 

スーツのパンツがパンパンに膨らんでいたらかっこ悪く見えますよね。ビジネスマンが猫背に見えたら、ちょっと仕事ができなさそうとか思われてしまうかも。

きれいめのパンツでのポケットがパンパンに膨らんでしまうのは特に避けておくべきでしょう。

 

 

 

ポケットが膨らむのを避ける解決策は?

バッグを使う

バッグにものを収納するのが解決方法の1つ。

  • きれいめなパンツ(スラックス、スーツなど)の場合
    クラッチバッグ・リュックなど
  • カジュアルなパンツ(ジーパン、カーゴパンツなど)の場合
    ボディバッグ・ウエストポーチなど

 

このようにそのパンツに合うバッグを使うのが大事です。

ビジネススーツだったらビジネスバッグを使うのがいいですね。ビジネス以外でスーツを着用するときに、ものをそんなに持っていかないという場合はクラッチバッグがかっこよく合います。

クラッチバッグもカジュアルなデザイン、きれいめなデザインのものがあります。スーツやスラックスといったきれいめなコーデのときはきれいめなクラッチバッグが似合います。

きれいめなパンツに合うクラッチバッグを選ぶときのポイント

  • 革などの形が崩れないものを選ぶ
    →布だと少ないものを入れた時、持った際に形が崩れてダサい。
  • 存在感がある大きすぎるのは選ばない
    →スーツというピシッとしたシルエットの良さを邪魔してしまう。
  • 柄のあるものでもいい
    →シンプルなデザインのものも無難でかっこいいのですが、きれいめな柄デザインでもアクセントとしてオシャレ。

なにも入れなくても形が崩れないような革などのレザー素材のクラッチバッグが使い勝手がよく、オシャレできます。

 

 

柄でアクセントをつけて、遊び心を出すのもオシャレでかっこいい。

シンプルで目立ちすぎない、統一感のある迷彩柄だったら大人っぽく持てる。シックな色合いで余裕のある遊び心がスーツのパンツにもバッチリ合います。

 

こんな感じでクラッチバッグを選んでみると、オシャレができて、かつポケットがパンパンになるのを避けられます。

 

一方、カジュアルなパンツにするときは、やはりボディバッグ・ウエストポーチ(バッグ)を持つのがいいですね。サイズもコンパクトなものが多いですし、スタイリッシュにコーデを組めます。

 

たとえば、ジョガーパンツを使ったカジュアルなコーデの時には、こんな感じでボディバッグ・ウエストポーチを使えば、ポケットがパンパンになる心配がなくなります。

カジュアルなパンツに合うボディバッグ・ウエストポーチを選ぶときのポイント

  • カジュアルなデザインを選ぶ
    →レザー、革などのきれいめなボディバッグ・ウエストポーチはカジュアルな服装と組み合わせるとバランスが崩れて統一感がない。
  • シンプルなデザインを選ぶ
    →ガチャガチャしたデザインだと小僧感が出てしまう。
  • 大きすぎるのは選ばない
    →ボディバッグ・ウエストポーチは小さくても目立つアイテムです。

 

カジュアルめときれいめでバランスをとることに囚われすぎて、カジュアルなパンツにきれいめなボディバッグ・ウエストポーチを選んでしまうのは避けておきましょう。

バッグは服装と同じ雰囲気のものを選ぶのがオシャレをするポイントです。なのでカジュアルな服装ならカジュアルバッグを選ぶ。

また、いろんな色を使っていたり、チャックがたくさんついているようなガチャガチャしたデザインは単純にダサいです。目立つのでコンパクトで、シンプルなのを選ぶべきです。

 

 

ボディバッグ・ウエストポーチは利便性もあり、服(コーディネート)に奥行きを加えることができるので、ファッションの幅が一気に広がります。

コーデに立体感が生まれるんです。ポケットが膨らむこともないし、しかもオシャレのレパートリーも増やせる。最高ですね。

 

 

 

 

薄い財布を選ぶ

バッグを持つのが嫌だ。という方はものを薄くする

特にかさばるのは財布。二つ折りでも長財布でも厚いですよね。

解決策としては、

  • 小銭をなるべく持っていかない
  • 財布自体を薄いものを選ぶ

小銭を減らすとだいぶ厚みがなくなり、できるだけポケットが膨らまないようにすることができます。

キャッシュレスが進む中、小銭を減らすのも財布に厚みを持たさない1つの手。あとは、薄い財布にするというのも解決策です。

 

abrAsus(アブラサス)の薄い財布がスマートでシルエットも最高にかっこいい。

利便性もあり、薄くてポケットがパンパンになるのを回避できる。小銭も入るし、かっこいい薄い財布abrAsus(アブラサス)。

色のバリエーションもたくさんあり、好みに合わして選ぶことも可能ですね。薄いのに収納機能も抜群なのはオシャレを楽しむ人にとってもありがたい。

スマートな財布を扱えるとかっこいいですよね。小銭を減らすのが難しいというかたは薄い財布を選ぶというのが解決策。


 

内ポケットを使う

ポケットがパンパンに膨らむのはダサい 内ポケット もの分散化

内ポケットを使うのもいいですね。薄いものだったら内ポケットに入れても不自然じゃないので、内ポケットを活用してズボンのポケットが膨らまないようにする。

  • 内ポケット   :スマホ、ティッシュ
    ズボンのポケット:財布、キーケース
  • 内ポケット   :財布、ティッシュ
    ズボンのポケット:スマホ、キーケース

みたいな感じで、ものを分散化してポケットの膨らみを防ぐという方法。好みで内ポケットにはこれを入れ、ズボンのポケットにあれを入れるというふうにしておく。

ジャケットを羽織るときはものの分散化を図ってみるといいですね。スーツ姿やテーラードジャケットの時は特にですね。

そうすれば、ものを出す時にどのポケットになにが入っているかがすぐわかります。急いでいる時などに慌ててものを探している仕草ってどうもかっこ悪く見えちゃいます。

スマートにものを取り出すのもオシャレの1つです。

 

 

まとめ

ズボンのポケットがパンパンに膨らんでいるのはダサいです。

解決策として

  • ①バッグを使う
  • ②財布を薄くする
  • ③ジャケットなどの内ポケットを使う

というのがあります。夏などはジャケットを着ないので①や②を、ジャケットなどのアウターを着る秋冬は①、②に③を加えて解決してみてください。

ポケットの膨らみに注意して、オシャレを楽しんでいきましょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)
閉じる