ダサいと思っていたシェフパンツを買ってみたら結構よかった。シェフパンツの良さとは?

シェフパンツ

最近流行りのシェフパンツ。

 

個人的にシェフパンツを最初はダサいと思っていたんですよね。
[box class=”box5″]

  • シルエットがなんとなく苦手
  • 足短く見えそう(太って見える)

[/box]

といった感じでダサいと思っていたんです。

 

とはいってもファッションって、チャレンジすることも大事なんで、買うことにしました。

ちなみに買ったのはGUのシェフパンツ。
シェフパンツ

買ってみた感想としては、、、

 

 

 

「結構いいじゃんか。」

 

間違いなく買ってよかったアイテムになりました。(笑)

なんかあいつ苦手かも。って思ってた人と話してみたらめちゃめちゃいい奴で、最終的に最高の友達になったみたいな。

 

そこで今回はそんなシェフパンツの『良さ』を主に紹介していきます。

 

[kanren id=”4624″ target=”_blank”]

 

 

目次(タップして飛ぶ)

ダサいと感じていた僕が買ってみてわかったシェフパンツの「良さ」とは

まあダサいだろ。と感じていたシェフパンツ。

 

結果的に買ってよかったアイテムになったわけなんですが、どんなところが良かったのか個人的な意見を紹介していきます。

動きやすくて楽

まずはシルエットがどうこうというのは忘れて、履いてみたんですが、、

 

 

動きやすっ。シェフパンツ動きやすい

って感じましたね。動きやすいというのは他のメディア、個人の方も言ってます。

「本当かよ?」と思っていましたが、本当マジでした。
シェフパンツ

 

どれくらい動きやすいかというと、軽いバーピージャンプは普段通りにできるくらい?
やめてくださいね。破れるかもしれないんで。

 

デニムパンツの動きづらさが、あまり好きではない僕にとっては、とてもストレスフリーな感じでした。

 

ウエストのストレスがない

シェフパンツウエスト ゴム

これは単純にゴム仕様になっているからです。

イージーパンツなんです

 

ある程度太っても痩せても、ゴムの伸縮性がカバーしてくれます。

デニムパンツなどを履いて食べすぎると、お腹がパンパンになるときってありますよね。

そういうときのわざわざベルトを外したりする作業がめんどくさい。。。

そこで、シェフパンツのこのウエストの作りなら、気にせず食べれるという。これも良さ。

 

 

きれいめの服装にも合わせられる

[box class=”box26″ title=”理由”]

  • ツヤがある
  • 裾がしわになりくい(クッションが少ない)

[/box]
という点があるからです。

 

もちろん技法にもよりますが、シェフパンツはツヤを感じさせるものが多くあります。
シェフパンツ

今回買ったGUのシェフパンツもツヤが感じられるものです。

なのでこのツヤ感がカジュアルになりすぎず、きれいめの服装としても落とし込めるんです。

 

また、シェフパンツはその名の通り厨房のシェフが使っていたワークパンツ。裾がダボダボしすぎて、地面に着いてしまっては衛星的に×
シェフパンツ

なのでサイズ感にもよりますが、基本的にジャストレングスなのもシェフパンツの特徴の1つです。

ジャストレングスで履けば、裾のシワが減り、きれいな印象もアップさせれますね。

 

もちろんダボッと若干腰パン気味にして、ゆるめに着ても、
クッションの少なさがだらしないダボダボ感を無くしてくれるため、誰でもおしゃれに履けます。
シェフパンツ裾
その時の気分や服装によって変化させられちゃうんです。

 

 

[kanren id=”4624″ target=”_blank”]

服と合わせるとこんな感じ(コーデしてみた)

ゆったりとしたサイズ感で

シェフパンツのコーデ

シェフパンツのゆったり感に、上のtシャツもゆったりしたオーバーサイズのtシャツ。

このように全体的にラフなコーデにも落とし込めますね。

 

ゆったりとしてるのに、だらしなさが感じられないかと思います。

白のトップスを合わせると、より清潔感のある印象。シェフパンツ使いやすい…

 

迷彩シェフパンツでよりカジュアルな感じに

シェフパンツでコーデ

柄のあるシェフパンツだとよりカジュアルな雰囲気を感じますよね。

ゆったりとした感じを使ってストリート寄りな服装にも◎

 

こんな履き方もありだと感じたときは、すごくワクワクしました。

やっぱ実際に履くのって大事だなと。

 

シャツと合わせればきれいめなコーデも?

チェックシャツと合わせてみたところ、きれいめな感じのコーデにもシェフパンツは使えるので感動。

買う前はカジュアルな服装しか合わないんだろうなと感じていたけれど、きれいめな雰囲気も出せる一面もあるのは嬉しかった。

 

無地のシャツでも間違いなく合います、そこに眠ってるシャツをシェフパンツと合わせれば輝くことも?

 

丈を短めにすると程よく抜けた感じに

股上が長いというシェフパンツの特徴を使って、深く履きました。

丈感を短くすると、ソックスの程よい抜け感でまた違った印象になりますよね。

こういうバリエーションを増やせるのも、シェフパンツの良さであるとしみじみ感じます。

 

腰で履いてストリートな感じをup

シェフパンツのコーデ

腰で履くとよりストリートな感じになります。

裾のクッションが少ないためきれいなダボダボ感を演出。

 

腰パンってどうなの?って思う方も多いと思います。

僕も腰パンはそんなにしないし、どうなの?って思っていました。

が!シェフパンツなら違和感なくできるし、ありな履き方だと感じました。

 

 

[kanren id=”4624″ target=”_blank”]

シェフパエンツをダサいと思っている方にこそおすすめしたい

もちろんダサいとか、おしゃれだとかは自分で決めるものです。

でも僕のように、ダサいと避けていたファッションアイテムを実際に身に付けてみると、

「あれ、意外といけるかも?」となる可能性もあります。

 

今回シェフパンツで新しい自分を見つけることができました。

マイナスイメージがプラスイメージに変わるのって、すごくワクワクしますよね。

 

きっとそんな貴重な体験をしたことはあなたもあると思います。それを”シェフパンツ”で体験するのもいいかもしれませんね。

[kanren id=”4624″ target=”_blank”]

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)