メンズのサイドゴアブーツはダサいのか?おしゃれな履き方とおすすめサイドゴアブーツ3選

サイドゴアブーツ ダサい

サイドゴアブーツってとてもシンプルで大人っぽいですよね。

しかし、男性がサイドゴアブーツを履くのはダサいのか?どうなのんだろう?という疑問を思い浮かべている人も多くいるはず。

結論から言うと、メンズのサイドゴアブーツはダサくないです

サイドゴアブーツ ダサい

サイドゴアブーツ自体、もちろんダサくないのですが、履き方次第ではダサくなってしまうこともありますよね。

そこで今回は、簡単にできるおしゃれなサイドゴアブーツの履き方を紹介していきます。

目次(タップして飛ぶ)

サイドゴアブーツを持っていて感じたメリット・デメリット

おしゃれな履き方を紹介する前に、実際持っていて感じたメリットとデメリットを紹介します。

メリット

脱ぎ履きがしやすい

色々なブーツがありますが、その中でもサイドゴアブーツは素早く履けます。

名前の通りサイドのゴア(ゴム)があるため、足を通しやすいんですよね。さらにプルストラップに指をひっかけられるので、簡単に履けます。

サイドゴアブーツ

意外と合わせやすい

意外と合わせやすいと感じました。カジュアルな服装、きれいめな服装、どちらにも合わせられるんですよね。

サイドゴアブーツ
サイドゴアブーツ

「スニーカーの方が合わせやすいでしょ」って僕も感じていたのですが、意外と、サイドゴアブーツも幅広く使えるんですよね。

デメリット

パッと見、長靴に見える

一瞬、レインブーツのような長靴に見えてしまうということがデメリットの1つ。

シンプルすぎるが故に、そう見えてしまうのもめっちゃわかります。

ゴムにも寿命がある

外側の他の部分をきれいに手入れしていても、ゴムが伸びてしまうことで、不格好に見えてしまいます。

ちなみに、伸びてしまったら靴屋でゴムを交換できます。ただ、手間がかかるという点ではデメリットになりますよね。

サイドゴアブーツ

目次に戻る

サイドゴアブーツをおしゃれに履く簡単な方法

意識するのはパンツで、オシャレに履く簡単方法は以下の3つ。

  • アンクルパンツと合わせる
  • アンクルパンツをロールアップして合わせる(ソックスを見せるのもアリ)
  • フルレングスのパンツをロールアップして合わせる

では詳しく見ていきましょう。

アンクルパンツと合わせる

くるぶし部分を見せてブーツ全体を表に出すと、とてもきれいに見せることができます。

サイドゴアブーツ

その理由は、脚が長く見えるからです。

また、サイドゴアブーツのサイドゴアを見せると、かっちりしすぎず、リラックス感のある印象を与えられます。

合わせられるパンツとしては、以下の通り。

  • スラックス
  • チノパンツ
  • カーゴパンツ

アンクルパンツをロールアップして合わせる

これも上記と同じで、脚長効果があります。

また、ロールアップすることで遊び心が加わります。

フルレングスのパンツをロールアップして合わせる

無骨は印象を感じられるので、コレもまたオシャレ。

サイドゴアブーツ

アンクルパンツとは全く違った表情で、サイドゴアブーツを楽しむことができます。

サイドゴアブーツ

目次に戻る

リーズナブルでおしゃれなおすすめサイドゴアブーツ3選

Dr.Martens(ドクターマーチン) 2976

  • 【弾むような履き心地】
    リハビリ用に開発したドクターマーチンソールを進化させたバウンジングソールで、クッション性の高さ実現。
  • 【高い耐久性】
    厚めのスムースレザーを使ったアッパー。ソールは耐久性の高い特殊ゴム素材でできている。
  • 【合わせやすいシルエット】
    高すぎず、低すぎない甲の高さ。尖り過ぎず、丸過ぎない先端で合わせやすい。

きれいめとカジュアルのちょうど間くらいの絶妙なシルエットなんです。

ジーンズだけでなく、スラックスにも合わせられるファッション性バツグンのサイドゴアブーツ。

RAINFUBS(レインファブス) BARAN

  • 【完全防水】
    水が入り込まないよう、ソールはアッパーとひとつなぎの一体成型。
  • 【面倒なケアがいらない】
    水で洗い流し、柔らかい布で拭くだけ。メンテナンス費がかからない。
  • 【保てる清潔感】
    一流ブランドやスポーツブランドも手がけるインソール専門工場へ別注。抗菌防臭加工。

完全防水であるのは、かなり魅力的ですよね。

先端部分の甲が低めであるため、かなり大人っぽい印象のシルエットです。

きれいめなパンツ(スラックス)と合わせて、バシッと決めたいそんなブーツです。

Blundstone(ブランドストーン) ORIGINALS

  • 【軽量】
    サイズによって変わってくるが、約500g。スニーカ並みの軽さで、疲れにくい。
  • 【足腰の負担を軽減】
    ブランドストーン独自の高性能なクッション素材を、かかと部分に搭載。衝撃を吸収する。
  • 【高い防水性】
    オイルを染み込ませたレザーを使用。多少の雨や水なら、しっかり対応できる。

ブランドストーンのサイドゴアブーツは、軽さが魅力です。軽いブーツだからと言って安っぽさもなく、幅広い服装に合わせられます。

また、プルストラップは、後ろだけでなく前にも付いているので、脱ぎ履きがラクなんです。

目次に戻る

まとめ

メンズがサイドゴアブーツを履くのは、ダサくないです。むしろおしゃれの幅を大きく広げてくれます。

サイドゴアブーツ

ラクに履けるスニーカーもいいですが、サイドゴアブーツも慣れてしまえば、快適に履けるシューズです。

また、ファッション性も高く、簡単に大人の雰囲気をまとえるので、1足は持っておくと便利ですよ。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)