ブーツを履いてる時にロールアップするのはダサいのか?おしゃれに見せるには?

ブーツ ロールアップ ダサい

足首が覆われるブーツ。ブーツ全体を見せようと思えば、パンツの丈が邪魔になってしまう時もありますよね。

そこで迷うのが、ロールアップをするかしないか。

 

でも同時に、ブーツにロールアップってダサいのかな?という不安を感じることも…。

 

 

とりあえずまず結論から言うと、ブーツにロールアップは、

ダサくないです。

 

そこで今回は個人的におしゃれだと思う、ブーツに合うロールアップを紹介していきます。

 

目次(タップして飛ぶ)

ブーツを履いている時のロールアップが、おしゃれでありだと感じる理由

ブーツに慣れてる感を出せるから

ブーツ ロールアップ

ロールアップを加えてあげるだけで、ブーツに『慣れてる感』を出せるんですよね。

ブーツって履きにくかったり、歩きにくかったりと正直、面倒な側面もありますよね。

なので、スニーカーよりは履くことがないじゃないですか。

 

そこでブーツを履くだけでも、多少ですが周りと差をつけられます。

かといって、ブーツに履き慣れてない感が出てしまうのは嫌ですよね。

 

そんな時にロールアップしとけば、なんとか慣れてる感は出るわけです。

慣れてる感がおしゃれに見えるのは間違いないので、重要なポイントだと僕は感じています。

 

足元をスッキリ見せることができる

“おしゃれは足元から”なんてよく聞きますよね。じゃあ足元をおしゃれにする方法は?って話になってきます。

その方法の1つとして、足元をスッキリさせるという方法があります

 

ロールアップするだけでも、足元の雰囲気がガラッと変わり、スッキリときれいに見せることができます。

ブーツならではの見せ方があって楽しい

ブーツ ロールアップ ダサい?

ブーツは、

  • くるぶし丈以上
  • 素材は革や合成皮革など

という特徴がありますよね。

 

くるぶし丈以上の長さがあることで、ロールアップの仕方次第では、全体を見せたり、一部を隠したりできる

また、革や合成皮革など大人っぽい雰囲気をロールアップで、かっちり決めすぎずに、ラフに見せたりなんかもできる

 

こんなふうに、ブーツならではの『見せ方』を楽しむことができるんです。

 

 

おしゃれに見せるブーツに合った簡単なロールアップ

普通に1ロール

1ロール ブーツのロールアップ

普通に1回折るだけの1ロール

 

スタンダードですが、なにもダサいと感じません。

1ロール ブーツのロールアップ

気取ってる感じももちろんしない。

パンツの丈感を調整して、ブーツをよりおしゃれに見せることができます。

 

 

狭めに1ロール

ブーツ ロールアップ

めくる幅をただ狭めるだけのロールアップ

そんなにロールアップをしたくないけど、なんか足元が寂しい、単調だと感じる時にやってみると、意外と楽しいです。

 

 

2ロール

2ロール ブーツ ロールアップ

2回折るだけのロールアップ

1ロールとそんな変わんないでしょ?ってやる前は思うかもしれない。でも実際合わせてみると、厚みが出てきます。なので結構違うんです。

2ロール ロールアップ

そんなところが面白いし、ワクワクさせられる2ロール。

 

 

ダブルターンアップ

ダブルターンアップ ブーツ ロールアップ

1回折って、裾部分が見えるくらいにもう1回折るロールアップ

簡単なのに、なんとなく小慣れた感ありますよね。

ダブルターンアップ ブーツ ロールアップ

1ロール、2ロールに比べて、縫い目が見えるためラフでカジュアル。

そして紹介したロールアップのなかでも、特に遊び心が感じられるロールアップですよね。

 

 

色々な丈の長さのパンツを履いて、どのロールアップが合うか比較してみた

フルレングス丈のパンツ

ブーツ ロールアップ ダサい?

まずは足がすっぽりと隠れる、ジャストな丈のパンツ。1番スタンダードなパンツです。

 

 

していない状態から。

ブーツ ロールアップ

ロールアップしていない状態

まあ普通ですよね。

 

それを1ロールすると、

1ロール

1ロール

かなり印象が変わりました。少しだけ足元に「小慣れた感」が感じられるかと思います。

こうやって比較してみると結構違うんですよね。

 

 

もちろん2ロールも相性抜群。

ロールアップ ブーツ

2ロール

1ロールより、無骨な雰囲気が出てきました。

男らしく見せたいと思う方は、2ロールでボリュームを出してみると、楽しいかもしれませんね。

 

 

ダブルターンアップはというと…?

ロールアップ ブーツ ダサい

ダブルターンアップ

全然いけます。2ロール並みのボリューム感に加えて、柔らかく遊び心のあるイメージになりました。

先ほども書きましたが、ブーツに履き慣れている印象を受けますよね。

簡単なのに便利なのがダブルターンアップ。

 

 

ロールアップをして、足元をあまり目立たせたくない時には狭め1ロール。

ロールアップ ブーツ

狭めに1ロール

小洒落た足元を演出できるので、狭くてもグッドですね。

 

比較してみた結果
フルレングス丈というジャストな丈感のパンツは、紹介したロールアップ全て合う。

 

 

くるぶし丈のパンツ

ロールアップ ブーツ

次はくるぶし(アンクル)丈のパンツ。

 

何もしない状態。

ロールアップしていない状態

これくらいがちょうどいいかも?ロールアップする前に比較結果が出てしまったか…?

 

一応1ロールも見ていきましょう。

ブーツ ロールアップ

1ロール

全然変ではない見た目だと僕は感じます。素肌だと違和感を感じたので、ソックスを履いてみました。

 

ギリセーフといったところです。笑

なのでこれ以上折ると、バランスが悪くなってしまうので1ロールが限界かなと。

 

比較してみた結果
折らない、もしくは1ロールまで。それ以上折るとパンツの丈感と、ブーツのボリューム感とのバランスが悪くなる。

 

 

余るくらいの丈のパンツ

ブーツ ロールアップ

最後は丈が余るくらいの、ダボっとしたパンツで比較。

 

狭めにロールアップすると、

ロールアップ ブーツ

狭めに1ロール

ブーツのボリューム感が少し抑えられて、ほかのパンツとは雰囲気が大きく違いますよね。

 

狭く折ると、上のような見た目で、普通に1ロールすると、

ロールアップ ブーツ

1ロール

折る幅を変えと、ブーツの見え方が当然ですが変わりますね。

この普通の1ロールも全然おしゃれできます。

 

もう一回折って2ロール。

ロールアップ ブーツ

2ロール

裾溜まりがなくなるくらいに、2ロールしてみると、1ロールよりはほんの少しだけ、きれいめよりになった感じがします。

そんな2ロールもありですね。

 

もちろんダブルターンアップも合います。

ブーツ ロールアップ

ダブルターンアップ

ボリューム感がでるため、2ロールに比べてパンツとブーツのラインの凹凸がくっきりしてます。

立体感が出て、これもまた面白いスタイルで良いですよね。

 

比較した結果
フルレングス丈同様、どのロールアップとも相性が良い。

 

 

まとめ

ブーツを履いている時に、パンツをロールアップするのは、ダサくありません。

そこでブーツに合わせられる、簡単なロールアップを紹介させていただきました。

 

もちろん紹介したロールアップだけでなく、自分で色々試してみて、自分に合ったロールアップをしてみるのこともおすすめします

また、丈の違ったパンツで比較をしましたが、シルエットやブーツの種類によっては、多少見え方も違ってきます。

 

なので色々なパンツ、そして色々ロールアップを試してみて、自分が納得いくものを探してみてください。

その探す過程が、めちゃめちゃ楽しいはずです。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)
閉じる