ブレスレットを『する』か『しない』かで迷っているなら『する』べき。その理由とは?

もし、するかしないかで迷っているならブレスレットは『するべき』アイテムなんです。

たしかに、ブレスレットを付けるデメリットは以下のようにあります。

  • 手首になにかものをつけること自体めんどくさい
  • 邪魔
  • ブレスレットのデザインによってはオシャレじゃなくなる

そこで今回は、実際に付け始めてから感じたブレスレットをするべき理由を紹介していきます。

目次(タップして飛ぶ)

付け始めてわかったブレスレットをするべき理由(メリット)

おしゃれに気を遣っている感が増す

例えば、無地の半袖tシャツに、無地のパンツ。そしてシンプルなスニーカーという組み合わせのコーデをしたとします。

これだけだと無難すぎて、つまらない印象になってしまう場合もありますよね。

そんなときに、手首にアクセサリーがあると、さりげなくおしゃれに気を遣っている感が出るんです

身だしなみに気を遣っている雰囲気を出すのは、すごく好印象ですよね。

たった1つブレスレットがあれば、野暮ったい印象を消すことができるんです。

遊び心がある印象を与えることができる

生真面目な印象を与えるコーデってありますよね。

例えば、以下のようなアイテムを使ったコーディネートです。

  • シャツ
  • ジャケット
  • スラックス

人によっては、隙がなく近寄りがたい雰囲気の着こなしになってしまうことがあります

そうなった場合、ここにブレスレットを加えるだけで、遊び心が生まれるんです

すると、全体的に抜け感が感じられ、穏やかな印象が演出できます。

ブレスレットの種類によって雰囲気を変えられる

夏は半袖を着るので、ブレスレットが目立ちます。

例えば、白の半袖tシャツに輝きがあるきれいめなブレスレットをすれば、より誠実さが増します。

反対にカジュアルな紐のブレスレットをすると、アクティブな印象を感じられます。

このようにブレスレットの種類によって、雰囲気が変えられるというのもメリットです。

「雰囲気を変える」というのは、「ギャップを感じさせる」ことができるということでもあるので、ブレスレットは持っておくと、オシャレな幅が広がるんですよね。

目次に戻る

実際にブレスレットを『する』か『しない』かではどう変わるか比較

Tシャツを着て比較

まずはしていない格好。寂しいですよね。ありきたりすぎてしまい、なんとも言えない感じ。

ブレスレットする しない

ブレスレットを加えてみると、こんな感じ。

ブレスレットする しない

白Tの清潔感ある印象を、シルバーブレスレットが底上げしてくれています。ブレスレットをするとシンプルさが邪魔されると思っていたが、そんなことないんですね。

シンプルさを残しつつ遊び心が加えられて、柔らかい雰囲気に変えることが比較してわかると思います。

ゴールドのブレスレットでもOK。より大人っぽく見せることができます。

つまらなくなってしまったコーデに合わせると、「ただのシンプル」から「おしゃれなシンプル」に簡単に変えられるんです。

シャツを着て比較

しないとこんな感じ。Tシャツと同じで、寂しい印象ですよね。カッチリしちゃってます。もう少し抜けた感じが欲しいところ。

これにブレスレットを合わすと、ピシッと誠実さは程よく残りつつ、肩の力が抜けた印象をたった1つのブレスレットで演出できています。

紐などのカジュアルなブレスレットでもいけます。

おしゃれに気を遣っているような感じは、決してゴールドとかシルバーブレスレットじゃなくてもいいんです。

こんなふうにカジュアルな服装でもきれいめな服装でも、ブレスレットの種類によって大きく印象が変わります。

目次に戻る

まとめ

冒頭に書いたように、デメリットはもちろんあります。それでもするメリットのほうが大きかったと、今でも感じています。

『する』か『しない』迷っているなら、時間の無駄なんでするべきです。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)