黒シャツはダサい?苦手だった自分が好きになれた5つの着こなし方

黒シャツ ダサい?

シャツといったら白を思い浮かべると思います。そんな白シャツとは正反対の色、「黒シャツ」。

結局、黒シャツってダサいのか?

黒シャツ ダサい?

結論から言うと、ダサくないです

とは言っても「黒シャツって慣れてないし、なんかしっくりこないんだよな…」と思う人も多いですよね。

エス

僕もダサいと思ってました。

そこで今回は、黒シャツが苦手だった僕が、好きになれた着こなし方を主に書いていきます。

目次(タップして飛ぶ)

黒シャツがダサいと感じてしまう理由

僕がダサいと感じ、苦手だった理由を書いていきます。

カタい雰囲気

黒という色は重さを感じるためカタい雰囲気があります。なので肩肘張ったルックスになりがちです。

黒シャツ ダサい?

シャツは首元が隠れるなので、なおさらカタい見た目になってしまうんですよね。

そんな生真面目な雰囲気がダサいと感じていました。

ホストっぽい

ホストっぽいイメージがありますよね。

黒シャツ ダサい?

こういったイメージが自分には似合わないと感じ、ダサいと思っていました。

チャラチャラとしたイメージがあったんですよね。

キメすぎている感

キメすぎている感とはつまり、かっこつけすぎている感です。これはドレス感が強いからです。

黒シャツ ダサい?

シャツ自体、ドレッシーなアイテムですよね。それに加えて、黒というのは

  • 高級感
  • エレガント
  • 上品さ

というイメージのある色です。

黒シャツはダサいのか?

どうしてもカッコつけている感が出てしまう。これもダサいと感じていた理由の1つ。

目次に戻る

黒シャツが苦手だった自分が好きになれた5つの着こなし方

黒シャツはハッキリ言って苦手でした。しかし、今では黒シャツをめちゃめちゃ着ます。

そこで、黒シャツが苦手だった自分が好きになれた着こなし方を5つ紹介していきます。

もし黒シャツがダサいと感じてしまうときに、どれか1つ試してみてください。

アクセサリーを合わせてみる

アクセサリーを合わせてあげると、以下の2つの効果を得られます。

  • カタい雰囲気を崩す
  • オシャレ度アップ

黒シャツのおカタい雰囲気を、こなれ感で和らげることができるんです。

黒シャツ ダサい?

なので、もしカタい雰囲気になってしまったら、アクセサリーを活用してみてください。

インナーを着てボタンを開けてみる

ホストっぽさをなくすために、インナーを着てボタンを開けてみましょう。

例えば、白のインナーを着てボタン全部開けるとこんな感じ。

黒シャツ ダサい?

これだけでも十分ホストっぽさは消えますよね。

  • ボタン全部開け→ホスト感をなくす
  • インナー見せ→首下の肌を隠してチャラつきをなくす

ホストっぽいイメージを切り離したいときには有効的。

カジュアル要素を入れてみる

黒シャツのキメすぎ感を抑えるために、カジュアルなアイテムをどこかに入れましょう。

例えばパンツを

  • ハーフパンツ
  • チノパン
  • ゆったりしたパンツ

など、カジュアルなパンツを選んでみてください。

ハーフパンツ 緑

それだけでも、かなりキメ込んだ見た目を抑えることができます。

黒シャツ ダサい?

靴もスニーカーなど、カジュアルなアイテムにするのも効果的です。

黒シャツ ダサい?

カッコつけてる感をなくす手っ取り早い方法。

少し余裕のあるサイズを着てみる

これもキメすぎ感を抑える方法の1つです

また、黒は収縮色なので、余裕あるサイズ感でも野暮ったく見える心配がありません

黒シャツ ダサい?

崩してみたけど、もっと崩したいときは、サイズ感を意識してみるのが得策。

ボタンを全締めしてみる

ボタンを開けてみて納得いかない場合は、ボタンを全締めしてみてください。

黒シャツ ダサい?

全閉めした場合、以下の3つを調整すると、オシャレ度が増します。

  • シャツのサイズ感
  • パンツ

例えば、ゆったりなサイズ感の黒シャツにカジュアルなパンツ、そしてスリッポン。

黒シャツ ダサい?

ボタン全締めの肩肘張った上半身を、下半身のカジュアルアイテムで柔らかくするみたいにバランスを取ってみると、小洒落た見た目が完成します

なので、「ボタン開け」だけでなく、あえて「全締めする」というのも、オシャレに見える1つの着こなし方です。

目次に戻る

黒シャツでコーディネート組んでみた

春コーデ

コーデ

ベージュの親しみやすさと、足首を出すことによる抜け感作り。カタすぎず、崩しすぎない大人の黒シャツコーデ。

黒シャツ コーデ メンズ

コーデ2

ゆるっとした黒シャツを前開けしてインナーをのぞかせる。そこに、裾幅広めのオリーブ色パンツ。砕けた印象のコーディネートの完成。

黒シャツ コーデ メンズ

コーデ3

重くなりがちな上下黒コーデも、明るめスニーカーのカジュアルさが、いい具合に軽快さを加えてくれてます。

黒シャツ コーデ メンズ

コーデ4

カジュアルな質感のチノパン合わせで、黒シャツコーデが肩肘張らない見た目になりますよね。優しい色が特にハマりやすい。

黒シャツ コーデ メンズ

コーデ5

爽やかなデニムとも黒シャツは合います。キメすぎ感、威圧感をかき消すために、淡青デニムをチョイス。

黒シャツ 春コーデ メンズ

目次に戻る

夏コーデ

コーデ1

黒で統一したとしても、ハーフパンツとサンダル合わせなら、大人なアクティブキレイめコーデに早変わり。ボタン全締めもグッドポイント。

黒シャツ コーデ メンズ

コーデ2

黒シャツ黒シューズの間に、緑を挟むだけでも季節感がでます。落ち着いた印象の夏コーデ。

黒シャツ 夏コーデ メンズ

コーデ3

サンダルコーデを大人っぽく見せるときに、黒シャツが大活躍してくれます。ベージュパンツで親しみやすさもプラス。

黒シャツ 夏コーデ メンズ

コーデ4

白のハーフパンツにも黒シャツが合います。大人のハーフパンツコーデに、黒シャツはもってこいのアイテム。

黒シャツ 夏コーデ メンズ

コーデ5

無彩色でまとめた夏コーデ。黒シャツの高級感で、グレーパンツと白シューズも上品に見せられます。街コーデに適したスタイル。

黒シャツ 夏コーデ メンズ

目次に戻る

秋コーデ

コーデ1

黒シャツの上にベストを羽織ると、また違った雰囲気になります。肌寒くなってきた秋にも黒シャツ。

黒シャツ コーデ メンズ

コーデ2

都会的なグレーパンツと合わせれば、上品で大人なスタイルが完成します。カタくならないように足元はスニーカー。

黒シャツ 秋コーデ メンズ

コーデ3

スタンドカラーに濃紺デニム。さりげなくカジュアルさを加えた黒シャツコーデなら、威圧感のない小洒落た雰囲気を楽しめます。

黒シャツ 秋コーデ メンズ

コーデ4

黒との相性が抜群のベージュ。シャツのボタンを開けて、ベージュのインナーをのぞかせるのも、アリなコーデです。

黒シャツ 秋コーデ メンズ

コーデ5

暗めの色でまとめるなら、少し余裕あるサイズ感の黒シャツとアクセサリーが、『キメすぎ』『カタすぎ』を防ぐのに有効的ですね。

黒シャツ 秋コーデ メンズ

目次に戻る

冬コーデ

コーデ1

インナーとして軽くのぞかせるなら、ホスト感も出ないですね。大人の私服として、程よく落ち着いた雰囲気でまとまります。

黒シャツ コーデ メンズ

コーデ2

無骨なショートブルゾンに、少し大きめの黒シャツ。男らしさもありつつ、リラックス感のある黒シャツコーデ。

黒シャツ コーデ メンズ

コーデ3

足元以外をブラックでまとめるのもあり。ダウンジャケットと黒シャツの素材感の違いで、単調さを回避したコーディネート。

黒シャツ コーデ メンズ

目次に戻る

まとめ

黒シャツは、上品さと大人っぽい印象を簡単に与えることができます。

なので黒シャツはダサくありません

黒シャツ ダサい?

黒のシャツを加えるだけで、かなりコーディネートの幅が広がります。黒シャツにチャレンジして、さらにファッションを楽しんでいきましょう。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)