パーカーとトレーナーどっちがいいの?着回ししやすい方は?

パーカー トレーナー どっち

どちらもスウェット素材のものが多く、似たり寄ったりのパーカーとトレーナー。

  • 「見た目の印象が変わるのはわかるけど、なんとなく似てるし、どっちでもいい」
  • 「どうせなら着回しやすいほうを持っていたい」

なんて悩むこともありますよね。

両方着てきた僕の意見として、着回しやすいほうはトレーナーです。

トレーナー

では、さっそくトレーナーが着回しやすい理由と、着回しやすいトレーナーを主に紹介していきます。

目次(タップして飛ぶ)

トレーナーの方が着回しやすいと思った理由

実際に両方着てみて、トレーナーはパーカーに比べて、

  • 合わせられるアウターが多い
  • 着られる時期が長い
  • 1枚でカジュアルにも、きれいめにも着ることができる

という理由があるので、着回ししやすいと感じました。

では詳しく見ていきましょう。

合わせられるアウターが多い

フード付きのアウターにも、トレーナーを下に着ることができるからです。

例えばダウンジャケット。フード付きとフードなしのダウンジャケットがありますよね。

フードなしのダウンジャケットにはパーカーも、トレーナーも合わせられます。

しかし、フード付きのダウンジャケットには、パーカーはかなり合わせにくいですよね。

パーカーとダウンジャケット
  • 首元がパンパンになる(ごちゃごちゃしてしって不恰好)
  • 後ろ髪が変に崩れてダサい

こういった問題が起こるため、合わせにくいんです。

パーカー

反対にトレーナーならフード付きアウターも、なんの問題もなく合わせられます。

パーカーで合わせられるものは、トレーナーでも当然合わせられますよね。つまり、トレーナーのほうが合わせられるアウターが多いわけです。

着られる時期が長い

パーカーを着ると、首元が覆われて暑いけど、トレーナーならちょうどいい時期があるためです。

トレーナーを着ていて、寒くなってきたら着込めばいいですよね。『寒さ』は着込めばどうにかなるけど、『暑さ』はどうにもならないです。

つまり、気温対策できる期間がトレーナーのほうが長いということです。

1枚でカジュアルにもキレイめにも着ることができる

今のトレーナーは当然カジュアルにも、そしてキレイめにも着ることができます。

対してパーカーは、いくらキレイめな印象の生地で作られていても、「フード」がカジュアルな印象を与えますよね。

パーカー

どちらも基本的にカジュアルなアイテムです。ただ、最近のトレーナーは、単体できれいめな印象を与えることができます。

最大の理由としては首元に見られる、「Vガゼット」がないということ。

Vガゼットあり
Vガゼット トレーナー
Vガゼットなし

最近ではVガゼットがないトレーナーが多く存在します。

このVガゼットがあると、なんとなく部屋着感がありますよね。なので、それがないだけでもカジュアルさが抑えられ、キレイめな印象が増すんです。

目次に戻る

特に着回しやすいトレーナーの特徴とは?

トレーナーの中でも特に着回しやすいのは、薄手のトレーナーです。

薄手トレーナーおすすめ

薄手のトレーナーは、昼と夜の気温の差が激しい春や秋、そして冬にも大活躍してくれるんです。

使える時期が長いので、薄手トレーナーはオールシーズンを通しての着回しが利きます。

そんな便利な薄手トレーナーの選び方はこちらの「薄手トレーナーは使い勝手がいい。薄手トレーナーの選び方とおすすめ4選」の記事もぜひ。

目次に戻る

まとめ

体温調整がしやすいというのがもっとも大きな理由です。

フードがあることでアウターと干渉してしまうパーカーに比べて、トレーナーのほうが着回しが利きます。

トレーナー

パーカーかトレーナーのどちらかを買おうか迷ったときは、着回しが利くトレーナーを選んでみることをおすすめします。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)