【レビュー】ハルタのローファーは私服で普段履きするのが楽しい

ハルタ ローファー 私服

僕は学生時代、ローファーがめっちゃ嫌いでした。

なんで、運動盛りの学生に靴擦れしやすい「ローファーなんか履かせんの?スニーカーでよくね。」って正直思ってました。

そして大人になり、なんとなくローファーが欲しくなって、安いのないかなと?と探していたら、やはりハルタのローファーがヒット。

ハルタ ローファー 私服

さっそくレビューしていきます。

目次(タップして飛ぶ)

ハルタのローファーは学生だけでなく、社会人などの大人が私服で普段履きするのもアリ

ハルタ ローファー 社会人 大人

「ハルタ ローファー」と検索すると、「ハルタ ローファー 社会人」という予測変換キーワードが出てきます。

みたいに思っている方が少なからずいるんだと思うんです。

僕も検索しましたもん。

ハルタ ローファー 私服 社会人

そんな気持ちを持ちつつ、実際に履いておしゃれして外に出てみる。そして帰ってきて靴を脱いだ時に思ったんです。「そんなの気にならないくらい楽しめるじゃん」と。

この後レビューしますが、履き心地だったり見た目だったり、さすがハルタのローファー。なんですよ。

たしかにあの頃(学生の頃)はローファーの良さなんてわかりませんでした。

時が経って大人になり、学生の頃お世話になっていたブランドのローファーを履いてみて、「これ悪くないな。むしろ良いじゃん。」ってなるのも、それはそれで面白いですよ。

購入したハルタのローファーの見た目

ハルタ ローファー

購入したのは、

購入したハルタのローファー
品番6550
カラージャマイカ

正面

ハルタ ローファー

丸み帯びた先端で、こうしてしっかり見てみると、「結構カッコいいんだな。」って思いました。

これを学生の頃に気付きもせず、ただ履いていたなんて…

ハルタ ローファー

サドル部分はビーフロール仕様でカジュアルな抜け感もあったり。

また、甲の周辺に沿った出っ張り部分の切れ込み。これがあるかないかでは、また見た目も変わってくるんだろうなと、想像するだけでも楽しい。

ハルタ ローファー

ヒールの高さは約3cm。意外と横から見るとボリューム感があるんですね。

ハルタ ローファー


かかとからつま先にかけたきれいなラインもスマートな印象。

ハルタ ローファー


コバ部分はステッチ風にデザインされています。

後ろ

ハルタ ローファー

丸み帯びたヒールカーブ。後ろから見るとまた違った表情で可愛い。

ハルタ ローファー


めちゃめちゃスタンダードで、どんな服にも合わせられそう。そんな背中姿も見ていてワクワクします。

ハルタ ローファー

ゴムでできたアウトソール。つま先とかかとには滑りにくいよう、それぞれ違ったデザインの凹凸があります。

ハルタ ローファー


中央部分にはこれまたステッチ風のデザイン。HARUTAの文字も入っていて、かなり細かいところまでこだわっているように感じますね。

あの時に履いていたブランドのローファーの靴底を、こんなにまじまじ見のは初めてで新鮮。

懐かしい履き心地

久々に履いたローファー。やっぱり最初は疲れる

ハルタ ローファー

いくら学生時代に履いていたといっても、大人になってから履くと歩きづらいなと思ったのが正直なところ。

スニーカーばかり履いていた僕にとっては、このヒールの高さによる、かかとに体重がかかる感覚に疲労感を感じました。

ハルタ ローファー


これは履き慣れるので、心配ない。

革靴を普段から履いているビジネスマンであれば、特に違和感を感じないかもしれません。

慣れてくると軽快に歩けた

ハルタ ローファー

やはり慣れてくると軽快に歩けました。軽いしゴム底の柔らかさ、滑りにくさがあって歩きやすい。

つま先と、踵の凹凸がしっかりと安定感を高めて、背筋が伸びる。そんな歩行を楽しめたのは久々でしたね。

サイズ感

ハルタ ローファー
僕の足
足のサイズ26.5cm
足幅E
甲の高さ普通
普段よく履くスリッポン、スニーカーのサイズ27.5cm

今回買ったハルタのローファーは27cmの3E。

  • 足のサイズ(足長)0.5cmほどの余裕。捨て寸も1cmくらいありました。
  • 幅に関しては、人差し指の第一関節が入るくらいに余裕があります。
  • 甲の高さはぴったり。
ハルタ ローファー サイズ感
ハルタ ローファー
ハルタ ローファー 6550

足幅細い僕なので、ぶっちゃけ26.5cmでも良かった気がしていますが、今のところ不快感、靴擦れはないので、まあギリセーフといったところ。

ハルタのローファーでコーディネートしてみた。

ネイビーのスキニーパンツと

ハルタ ローファー コーデ メンズ

タイトなパンツとの相性はさぞかし良いんだろうなと想像していました。

実際に合わせてみると、、、

やっぱりバッチリ合いました。ローファーにスキニーパンツ。これは勝ちの組み合わせということで。

ちょいゆったりめな黒パンツと

ハルタ ローファー コーデ

ちなみにこれはguのシェフパンツ。

ちょいゆったりめで、裾だまりもできるシルエット。そんなパンツとも仲良くできるハルタのローファー。

相性がいいのはスキニーパンツだけではありません。

リラックスしつつも、だらしなさを感じない全体を演出してくれているのは間違いなく足元。

ハルタ ローファー コーデ

もう1つは、白ソックスをチラ見せしたスタイル。使ってる色の種類が多いものの、足元の小慣れ感でなんとかまとめあげたコーディネート。

「こんなにたくさん色を使って、いけるか?」と思いましたが、ハルタのローファーが全体をシックな見た目に持っていってくれています。

ベージュのワイドパンツと

ハルタ ローファー コーデ メンズ

幅の広めなパンツと合わせてきれいめに。そしてシンプルに。

ロールアップして、足元をスッキリさせるだけで、野暮ったく見えがちなワイドパンツもきれいに見えちゃいます。

そんなパンツの裾元に、上は白T。そこにハルタのローファーを合わせるだけでアーバンな雰囲気を醸し出せる。

この格好、楽すぎワロタです。

黒のアンクルパンツと

ハルタ ローファー コーデ

全身黒だと威圧感を感じさせてしまう時もありますよね。

そんな黒コーデに合わせてみると、かなり落ち着いた雰囲気で、足元の茶色いローファーが抜け感を作ってくれている。

黒のアンクルパンツにハルタのローファー。この組み合わせは、上をどうするかワクワクするので特におすすめしたい。

ベージュのアンクルパンツと

ハルタ ローファー コーデ

ちょっと古臭い印象を受けるコーデ。こんなコーディネートも好き。

主張の強いカラーを使っても、足元のローファーが大人っぽさを出してくれるんですよね。

下だけ見るとアイビールック。そこに上半身は自分なりのラフな格好を持ってくる。

こうやってハルタのローファーを楽しむのもめちゃめちゃ面白いですよ。

グレーのテーパードデニムと

ハルタ ローファー コーデ

デニムパンツとも相性は抜群。全て地味な色のアイテムで、かなり落ち着いた見た目に見えますよね。

ハルタのローファーは大人が履いてもワクワクする。静かな見た目ではあるものの、心ではウキウキ楽しんでる、そんなコーデ。

明るめのデニムパンツと

ハルタ ローファー コーデ

落ち着いた色のデニムだけでなく、こういった薄め(明るめ)のデニムと合わせても良いですね。

上のデニムとのコーデとは、また違った雰囲気。

とりあえずデニムを白で挟んで、1番下にハルタのローファーを持ってくれば、バシッと決まるわけです。

それほど主役にふさわしいハルタのローファー。使いやすい…。

まとめ

ハルタ ローファー 私服

ハルタのローファーを私服と合わせて、普段履きするなんて思ってもいませんでした。

ローファー嫌いだった僕がハルタのローファーを手に取り、こうして楽しんでる姿を学生時代の僕に見せたら驚くでしょう。

とにかくハルタのローファーで、一気にコーディネートの幅が広がってワクワクしたし、このブランドのローファーに、学生時代お世話になっていたことを考えると感慨深い。

なによりもローファーに対する考え方が変わったのがとても良い経験でした。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

InstagramではユニクロやZARAのアイテムを紹介しています

目次(タップして飛ぶ)